ファスティングはお腹が空かないのか

前回に引き続き今回もファスティングについての話しです。

お腹が空いたなと感じるのは、体内の血糖値がある閾値以下に下がった時に生じる現象です。

つまり、血糖値をある閾値以上に、ぎりぎりだとしても維持し続ければ空腹は起こらなくなります。

例えば、スーパーでの買いすぎを防ぐためには、飴を1粒食べて買い出しに行けばいいと聞きますよね。これは、飴を1粒食べることによって血糖値を少し上げることで空腹感が軽減するので、あれもこれも食べたいと思う気持ちを抑えられるからなのです。

ファスティングは、一般的に言われる断食とは違い、全く何も口にせずに過ごす訳ではありません。

ファスティングで何時間かおきに飲む、酵素ドリンクまたはゼリーは、ある程度糖質を含んでいます。

この少量の糖質を含む酵素ドリンクを、血糖値が再び下がる前に飲み続けることによって、空腹感を感じずに過ごすことが出来るのです。

また空腹感の予防にもなるのですが、普段から糖質の多い生活をしている人は特に、本格的にファスティングを始める前に回復食で食べるような食事に何日か前から切り替える必要があります。

これは、ファスティングを始めたことによる血糖値の減少にからだをならすためです。

ダイエットで大切なのは数字よりも「どうなりたいか」 – MONEY PLUS